2012年08月01日

第27回神奈川新聞花火大会

今年もみなとみらい21臨港パーク前海上で打ち上げる花火大会
「神奈川新聞花火大会」を昨年同様観覧。

IMG_6341


そして今年もローソンで観覧チケットを入手。
2千円で昨年もかなり目の前で観る事が出来たので
今年もそんな有料会場で観覧することにした。
有料観覧会場は臨港パークとこの新港パークで
17時過ぎに現地に到着して既にこの通り、観覧場所は
花火を待ちわびる人々で既に場所も数少ない状況。

CIMG0443


ちょっと油断してたかも。。。。
この時刻で結構居るじゃん。
昨年はこの時刻でここまで居たかな???

CIMG0474


何しろ花火を有料で観るなんて・・・って人も
多いだろうからそんなにひしめき合わないと思ってた。
でも今年はちょっと違うなぁ。

IMG_4634

それでも何とか打ち上げ海上から近そうな場所を確保。
もう既に目の前にはビニールシートをかなり前から敷き詰めて
場所取りをしているんだよな。
場所を予め早々に確保して立ち去る人が多いのには驚いた。
有料で入場しても一時退場出来るとは知らなかった。
やがて花火を海上で観覧する屋形船やクルーザーも多くなって来た。
CIMG0467

そんなこんなでランドマークの食料品ストアで枝豆や唐揚げ等を
買い出ししたものを摘まみつつ
私は白ワインを1本自宅から冷え冷えで持参。
連れの友人はワイン苦手なので缶ビール。
それでも私はなんと、紙コップを買い忘れてしまい
結局お恥ずかしながらワインボトルをラッパ飲みする羽目になる
でもやっぱりこのままじゃあまりにも恥ずかしいので、販売に来た生ビールを購入
そのビールを飲み干した後にそのコップをワイン用に使用
それにしてもビールまで売りに来るようになったんだなぁ。

CIMG0486

そんなこんなで陽もトップリと暮れてきて
DJのアナウンスが始まり19時15分から予定通りの花火大会がスタート。

やっぱり目の前じゃ~ん
2012080119150005
CIMG0547

今年は神奈川新聞70周年記念だそうで
何だか昨年よりもはるかに中身が濃い気がする。
花火は鎮魂の思いも籠められているわけで
この世を旅立った人の事を思い出しながら
私もこの世で今、何とか生きているよ、、、
空の向こうから見えてますか?
そんな事を考える。

CIMG0658

またスピーカー音もしっかりと聞こえる場所に居たせいか
流れる音楽もしっかり聞こえるし
DJの花火の提供スポンサー等も明瞭に聞こえる。

CIMG0657

そして本格的クライマックスは20時を過ぎたあたりから・・・
「さあ!皆さん!ここから約23分間、最後まで目を見開いて御覧下さい」
とアナウンスが入り、そこからは
音楽のリズムと連動しながら花火が間髪いれずに
ド派手に打ち上がり始めた。

IMG_5364

コロワイドプレゼンツ・グランドフィナーレ
「スカイシンフォニーインYOKOHAMA」
何かいつもよりかなり力を入れている気がする。
IMG_5211
IMG_4649IMG_1164
IMG_5211
IMG_0282

美しい・・・。
ヤバイ・・・何だか泣けてくる。。。。

CIMG0549

昨年の震災の年の花火大会は色々中止も多かったようで
あの日から、この日本は変貌してしまい、こうして毎年夏の花火を
平和に観る事が出来るのだろうか・・・とあの日以来
花火を観ながら来年も観れるかな?等と思ったりしている私。
この国が何も無かったかの様に平静を装う中で
正直なところ何が起きても不思議じゃない事態になっている事は
紛れも無い事実。。。
だからこそ今を大切に生きて生きたいんだ。

2012080120060000

今年もこの花火を観れて良かった。。。

CIMG0672

そんなわけで15000発相当の花火が夏の横浜の天空に花を咲かせ
今年も暑い暑い夏が過ぎてゆく。
いつになく素敵な花火でした。
ありがとう


mikahino at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年07月29日

変会夏フェス2012in七里ガ浜

ピーカンの7月最後の日曜日。
久々の江ノ電で鎌倉高校前で下車。
この駅はホームの目の前が車道挟んで海なので実に気持ち良いんだな。

562909_2976818358320_852975185_n


そんなわけで今年も毎年行われている変会夏フェスの宴に参加。
変会とは異業種仲間の不思議な会で、某広告代理店の友人中心に
クリエイティブな人々や芸術家な方々、自営業、
ハタマタ普通のOLさんやサラリーマン等々
とにかく友達繋がりで四季折々行われている宴なのである。

__ 1


そして毎年夏は恒例のこの鎌倉七里ガ浜の変会メンバーの
ひとりの方がスタジオとして所有する素敵な高台に建つ洋館で
夏フェスの宴を開催。
バルコニーからは七里ガ浜の海辺が絶好調で眺められる。

CIMG0307


それにしてもここまで駅から歩いて10分程だけど
とにかく急な坂道をエッチラオッチラと上って来るわけで
到着するや否や汗がドッと噴き出る。。。
会場は既に皆和みながら宴を楽しんでいる様子。

CIMG0295


そして今回は横浜中華街にあるアパレルROUROUの
デザイナーのマキちゃんも初参加。

CIMG0300


そしてマキちゃんの愛息子のひーくんこと
陽月(ひづき)くんも初参加。

CIMG0302


そしてそのひーくんは意外とこの見知らぬ集団に溶け込むのも早く
皆から「この子は中々逞しいね、独りでも生き抜く力がある!」
と太鼓判を押されて
屋上ではお父さんの肩車に大はしゃぎ。

CIMG0323


私達もマッタリと夏を満喫。

__ 2

まあカメラを向ければこの通りの
芸人振りを発揮する子なんだなぁ。

IMG_4075
CIMG0315

逞しく育って欲しい。。。

CIMG0317

このショットはひーくんが撮影。
中々やるじゃん^^

CIMG0319

そして恒例の夏の風物詩、スイカ割り!
なーんか昭和の懐かしい風景を思い起こさせる。
世の中が変貌しても昔も今も子供達の情景は実は変わらないのかも。
IMG_8119

そんなわけで割ったスイカに喰らい付く。
凄いねぇ
IMG_7589

そして屋上にて全員集合で恒例の集合写真撮影。
CIMG0338

そんな中、ドサクサに紛れてあのひーくんが
集合した大人達の目の前でまたもや芸人ぶりを発揮
物怖じせずに、こんな大勢の前で大したもんだ
こりゃ大物になる予感
CIMG0339

そんなこんなでこんなに大勢の人達が来ていたのね。
今年も太陽燦燦と輝く中で、楽しき夏の想い出をありがとね
562909_2976818358320_852975185_n
来年もこんな風に集まれる世の中でありますように


mikahino at 23:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2012年07月16日

長谷川きよしさんと野毛飲み

そう言えば今日は海の日なんだね。
昨晩の鎌倉海の家Asiaでのライブで海は充分に堪能出来た今宵は
横浜は野毛のライブハウス「ドルフィー」で
長谷川きよしさんのライブを観覧。

IMG_6059


飲み友達の友人からのお誘いで行く事になった。
誘われたきっかけは4月に出演したNHK歌謡コンサートで私は中継で
長野だった時、長谷川きよしさんはNHKホールで同番組に出演し
「別れのサンバ」を歌った。
そしてその番組を見た友人が
長谷川きよしさんと群馬の実家でお隣同士仲良くしていたと言う話になり
今度、野毛のドルフィーでライブやるから行かない?って事に。
あの歌謡コンサートの時の長谷川さんの「別れのサンバ」にはしびれたもんなぁ。
パーカッションの仙道さおりさんのカホーンの叩きっぷりと
長谷川きよしさんの絶妙なギターと変わる事の無い透明感ある歌声が
この時代に揺るぐこと無く実に颯爽とした世界を紡ぎ出していた。

IMG_9752


そんなわけで私も、もっと長谷川きよしさんの歌とギターを聴きたいと思い
いざドルフィーへ。。。。
すると既に客席は超満員御礼状態
ひとまず予約していて良かったよ
いつものテーブルも取り払って椅子だけ並べられ雰囲気変貌の店内。
凄い大人気

IMG_8589


そして長谷川さんのライブが始まり、音楽は主にヨーロッパからの影響を受けているそうで
歌も日本語の他にもカヴァー曲は英語やフランス語で歌う曲もあったりで
なんでもこなしつつまさに長谷川さん独自の
ワールドミュージックな世界を作り上げていて
歌声もギターの巧さも当たり前ではあるけど
ライブで生を初めて聴いてマジに感動
長谷川きよしさん・・・いいなぁ~

IMG_7046


最近ブレイク中の由紀さおりさんの「1969」と同じく
長谷川きよしさんも1969年「別れのサンバ」でデビューし大ヒット。
私がまだ小学校低学年の時代なわけで。。。。
その他にも「黒の舟歌」とかね、、、
私にはその頃の長谷川さんは物凄く大人な世界のフォークって感じだったな。
なのでライブの客層も1969年の頃、青春していた年齢層。
そんなわけであの頃はまだお子ちゃまだった私も
心にキュンとくるものを今になってようやく感じられるのだ。

IMG_8588


そんなこんなでライブ終了後はそんな群馬の隣人同士だった友人家族と
長谷川きよしさんと、そのマネージャーでもある奥様と共に
野毛界隈で飲む事に。
なーんか不思議だなぁ。。。。
これも偶然じゃなさそうだなぁ。。。
長谷川さんは2歳半の頃緑内障で全盲となった人だけど
とにかく性格が明るい。
今現在は群馬から京都へと住まいを移されて
京都ライフを楽しんでいるそうで、散歩していてもとにかく
京都は楽しくて飽きないと嬉しそうに話していた。
NHK歌謡コンサートの時は一緒に出演していながらも
お会い出来なかったけど、ここでこうしてお会いしているって言うのも
これもご縁なのかと思う。

IMG_2869


それから先日夜、私の携帯に長谷川さんから連絡が来て
私が手渡したアルバム「横浜フォールインラブ」を聴いて
「いや~凄くいいねー!」と思いの外、感動して下さり
今度ライブ一緒にやりましょうよ!なーんて言って下さり
もしかしてこれもまた偶然じゃない導きの中
素敵な音楽の奇跡が起きそうな予感なう



mikahino at 23:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)