2011年10月

2011年10月28日

背中の未来に

CIMG7052

毎週金曜日のラジオ日本横浜本社
「日野美歌のヨコハマ日和」生放送。
今日は10月最後の金曜日。

CIMG7053
そしていつもより賑やかなのは
今日は小学生達がいつの間にやら
スタジオのガラスの向こう側に大集合なのである

川崎市立さくら小学校の生徒さん達だそうで
今日は特別に見学しに来たらしい。
さくら小学校って名前がまたいいね
CIMG7057
そして私のホンの10分程のコーナーも終わり
まだまだ熱心に見学中の子供たち。

最近子供を見る度に、色々考えちゃう
微妙な時代になっちゃった。
今までまさか自分だって人生でも知る事も無かった核分子の名前とか
放射線量なんて天気予報でお知らせされちゃう昨今。
とにかくこの子たちが人生を健やかに生きてゆける
未来ある日本に何とか戻してほしい。
子供たちの背中を見ながらそんな事を思う金曜日であった。



mikahino at 23:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年10月20日

木曜8時のコンサート

20111020 (2)
ちょっと曇り空の木曜日。
久々の渋谷公会堂で行われるテレビ東京の公開録画番組。
「木曜8時のコンサート」略してモクハチって言うらしく
最近始まった歌番組の出演である。
渋公って最近までCCレモンホールって名前だったけど
また渋谷公会堂に戻ったんだ
私はどちらかと言えば渋谷公会堂の方が好きかも。
こちらの名前の方が馴染みがある。
歌のトップテンとかここで生放送してたよなぁ。
覚えているのは白無垢姿で顔まで真っ白になって
花嫁スタイルで「氷雨」を歌った事があったっけ。
あの頃は毎週ドレスで歌うだけじゃなく何故かコスプレみたいな状況で
色んな格好させられた気がする
今考えれば、一体あれはなんだったんだろか
 
20111020 (3)
そんなわけで北原ミレイさんと公会堂脇の地下の待機場所
通称「渋谷食堂」での2ショット

今日収録するのは2時間物の木8という事と
私達の収録の前に前の週の収録も行っていて
私達が出演するのは2本目って事になるらしい。
そんなこんなだから渋谷公会堂は出演者やらスタッフで
ヒッチャカメッチャカなので出演者控室も渋公では足らず
近所のビジネスホテルに控室を設けそこで仕度をして
局が用意したマイクロバスで渋公まで移動
そんな慌ただしさの中で19時辺りから本番スタート。
 
CIMG7048
台本に書かれたタイトル文字「木曜8時のコンサート~名曲!日本の歌~」
題字は美空ひばり・・・ひばりさんが書いた文字が表紙に使用された台本。
そしてオープニングではあのひばりさんの優しい肉声で
「皆様、おかわりございませんか?美空ひばりです。
では、最後までごゆっくりお楽しみください」
そんな粋な演出で番組が始まる。
ひばりさんのそんな肉声を聞いただけで何だかうるるんと来てしまう
今や天国で私達、歌人達を見つめてくれているような
何か温かな気持ちになるオープニングである。
20111020 (6)
そして今宵、私は「氷雨」の他に
マヒナスターズの方々とご一緒に名曲
「誰よりも君を愛す」を歌わせて頂いた。
20111020 (5)
マヒナスターズのこの名曲「誰よりも君を愛す」を
一緒に歌わせて頂いたのはこれで二度目だそうで
かなり前になるが「題名のない音楽会」で歌った以来の共演になる。
もしかしてそれもこの渋谷公会堂だったかもしれない。
そう考えるとなーんか不思議な感じである。
20111020 (11)
そして「氷雨」はなんと客席で歌唱。
この曲をテレビで客席で歌うのって初めてかもしれない。
どちらかと言えば悲しい歌なので客席で歌うより
ステージでしんみり系な演出が多い。
だから何か新鮮だなぁ。
それにしてもテレビも特に民放はこうした歌番組が殆ど無い中で
テレビ東京・・・偉い素晴らしいです
3.11以降悲しい事も多いけどだからこそ歌に寄り添う事も必要な
そんな時代にもなって来たのかもしれない。
そして何度も言おう。
歌はお腹の足しにはならないけれど、誰かの心の足しに
少しでもなってくれるよう、祈るように歌って生きます。
そしてこうした番組が増えて、続いてくれる事を祈ります。
テレビ東京「木曜8時のコンサート」は11月3日(木)19:58~21:48オンエア


mikahino at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年10月19日

ラジオ日本歌の感謝祭2011

20111019 (1)
今日はなーんか子寒い天気。
そろそろ秋本番かな?
そんなわけで今日は「ラジオ日本歌の感謝祭2011」
公開録音が港ヨコハマの山下公園前
神奈川県民ホールで行われた。
何しろこの辺り、私のウォーキングコースでもあるわけで
自宅からも超~~~~近いんだな

CIMG7010
昼過ぎにホール入りしてバンドの音合わせや舞台でのリハーサル。
出演者も先日浦安チャリティーコンサートで御一緒させて頂いた
橋幸夫さんなどベテランから新人まで多数出演。

2011101918440000
そして夕方のお弁当はさすがにラジオ日本
ヨコハマ所縁の私も大好物シウマイ弁当である

CIMG7012
そして総合司会者のお馴染み夏木ゆたかさん。
夏木さんは永遠の青春青年って感じなんだよな。
一体年齢は幾つなんだろか
本当にいつも温厚で明るい人なのである。

CIMG7014
そして様々な出演者の中で今日が還暦の誕生日と言う事で
舞台上のエンディングでサプライズバースディーとなった
歌手の高山厳さん。
上の写真右側は若手の北川大介君でお若いのは解るけど
左手厳さん・・・還暦に見えない程にやはりお若い
  CIMG7015

そして今日はそれぞれの音楽番組が舞台上で放送現場を
繰り広げゲスト歌手が生演奏で歌を披露する演出。
私は坂井隆夫さんの「ほのぼの歌謡曲」のコーナーで出演。
20111019 (4)
そして「氷雨」「花吹雪」を歌った。
それにしてもテレビもそうだけどラジオでも歌手など
ゲストを招いての歌番組も民放では今はそんなに多くは無い中
ラジオ日本は実に頑張ってくれてるんだよなぁ。
20111019 (8)
出演者の山本譲二さんも打ち上げでおっしゃっていたけど
演歌、歌謡曲番組を多くやっているラジオ日本には
私達歌手としては本当に感謝なのである。
20111019 (9)
 そんなわけで「歌の感謝祭」はまさにラジオ日本感謝祭かも。
これからも音楽番組を絶やさずに宜しくお願いします。
そして公開録音も予定時刻を遥かに上回る長丁場ともなり
港ヨコハマに秋の夜風が小寒く吹く頃無事終演。
お疲れさまでした


mikahino at 23:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年10月10日

安曇野秋日和

2011100917000001
すっかり秋景色の諏訪湖。
午後、横浜を車で出発し向かうは長野県の安曇野。
サービスエリアでは諏訪湖秋景色がいい感じ

4時間程かけて安曇野蝶ヶ岳温泉の「ほりで~ゆ 四季の里」に夕刻無事到着
明日1回目から四季の郷でのディナーショー出演で前日入り。
20111010 (4)
安曇野の自然達も今年の厳しい夏から少しずつ秋の模様替えをしている。
これからの季節もっと様々な木々が色づいてゆくんだなぁ。。。
そんなわけでここは温泉地なので夕食後は温泉浴場がクローズする
30分程前にイソイソと女湯へ急ぐ
20111010 (2)
でも温泉浴場へと向かう中
自分の明日の出演告知宣伝ポスターがドカーンと立てかけられている
温泉の出入口を見るや否や
この時、絶対に浴場で明日歌う私だと気付かれたくないモードへ。。。
そして閉店ギリギリに入ったお陰で今宵は殆ど人の居ない貸し切り状態の
温泉浴場露店風呂。。。あ~いい湯だぁ
そして真ん丸お月さんを眺めつつ虫の声と共に秋の夜空を仰いだ。
そんな時小さな赤ちゃんを抱っこした若いお母さんが隣の露店風呂へ。
大事そうに抱っこしてる姿を見て何だかウルルンと来ちゃった。
こんな大変な国になっちゃって見えない放射線を気にしながら
子供を育てているお父さん、お母さん達を見るにつけ
子持ちでもないこの私でも心が締め付けられる日々。
こんな状態で安心しろって言われたって信じられないのは当たり前。
現実、福島原発は完全終息しているわけじゃない。
こんな状況下ではせめて子供は親が守るしかない。
どうか健やかに育ってください。。。。
星空を仰ぎそんな祈る気持ちになる自分がいた。
20111010 (7)
まったり星空の温泉を堪能した翌日
朝風呂もしっかり頂き
昼夜二回公演を行った。
20111010 (12)
ここ安曇野はNHKの朝ドラ「おひさま」の舞台にもなった場所。
そして今日もおひさまが元気に秋空と山並みを輝かせていた。
2011101008080001
公演後は持参した芋焼酎「伊佐美」でスタッフと共にお疲れ様
車移動だからついでに持って来ちゃった
私も好きねぇ~
2011101107300003

そんなこんなで二泊の安曇野の出発の朝
ホテルの庭になんと野猿が出現
それも数匹居るような。。。。
そして自分達の庭の如くの行動に野生の図太さを感じた。
2011101107390000
そして今朝もしっかり朝ごはんを頂きます。
お座敷個室でミニバイキング形式な朝食なんだな。
珍しいよなぁ。
20111010 (8)
そんなこんなの初秋の安曇野2日間、、、
お仕事とはいえ楽しませて頂きました。

                          
  

mikahino at 23:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年10月08日

横濱ジャズプロムナード2011

20111008 (6)
素晴らしい秋の行楽日和
三連休初日の今日は横濱ジャズプロムナード2011が
今日から明日までの2日間、この港ヨコハマで開催される。
そして私は初日のジャズプロムナードスタート時間とも言える
時間帯に関内大ホールで田村博トリオと4レディースとして出演。 
20111008 (3)
この関内ホール以外でも横浜開港記念会館やランドマークホール
ランドマークプラザ、赤レンガ倉庫や夕刻からは様々なジャズクラブなどでも
ライブが展開されそれらは1日当日券5千円で様々なライブ会場をフリーパスで入場出来る。
まさにプロムナード状態で横浜の街はジャズ色に染まる。
街角ライブは無料で観覧出来ちゃうし、さてさて何処から行くかな
そんな声があちらこちらで聞こえて来そうな横浜。
20111008 (2)
そして11時30分少し過ぎから我々チームのライブはスタート。
田村博トリオのインスの演奏から始まり
4レディースの歌姫達が次々に4曲ずつ歌う中
ようやく私の出番。
20111008 (9)
今日は朝から仕込みに時間もかかって
リハもそこそこに本番になっちゃったけどきっとステージの神様が
降りて来て必然の何かを感じるステージになる。。。。
そんな見えないけど確かな予感を信じて私のコーナーは
ジャズの定番「You'd be so nice to come home to」からスタート
20111008 (14)
そしてカヴァーアルバムでも収録されている「港が見える丘」を田村さんのアレンジで
より一層ジャズ色に染められた世界観で歌う。
そして歌謡曲だけどジャズテイストある私のオリジナル「横浜フォール・イン・ラブ」を
よりファンキーな演奏で披露。
私のコーナー最後の「氷雨」はダークな雨を感じさせる
より大人の渋い世界の雨模様となったアレンジで披露。
20111008 (16)
そして自分のコーナーの後はチャーリーチャップリンの「Smile」
この歌に日本語の歌詞を私自身が書いてメロディーに乗せて先ずワンコーラス歌った。
この曲は今の日本にとって、とても心に深く沁みる言葉で綴られている歌詞でもある。
当初は皆で最後に歌う歌をどうするかと言う事で色々な曲が並べられる中
この「Smile」が気になりどんな意味なのか調べて
これしかない!と思って決めさせて頂いた。
20111008 (17)
そしてこの「Smile」を最後に選んで本当に良かったと思った。
どんな時も笑顔を忘れない事、辛くて悲しい時、心に太陽が見えない時でも
ちょっとでも笑ってみて、、、人生そんな悪い事ばかりじゃないって
ちょっとだけでも思えるよ。
そんなちょっとの事が大きな力に変わる。。。。
20111008 (20)
何度も言うようだけど、やはり3.11で今年のジャズプロムナードも
いつもと違う気持ちで迎える人も多いのだと思う。
見に来る人、表現する人、用意する人、、、皆何処かに見えぬ
大なり小なりの傷を持ち合わせながら挑んでいる気がする。
20111008 (22)
そんなこんなで何だか歌う本人も感動を頂けたライブとなり
ロビーでのCD即売では様々な方々と触れ合いながら
今年飛鳥Ⅱのワールドクルーズに乗船されていたと言う御夫婦も
いらしてくださり、CDをご購入して下さった。
飛鳥Ⅱでの私のライブも観覧していて何かの御縁なのねぇ。
またこの私の濱のアルバム「横浜フォールインラブ」を晩年に取材し
取り上げて下さった今は亡き評論家の平岡正明さんの奥様もいらして下さり、、、、
様々な偶然は必然だとまた感じるひと時。
20111008 (24)
そして今回のライブを観覧したと言う友人からのメールには
「Smile」で大泣きしたとのメッセージが。。。。
某記者をしている彼女は取材で被災地へ出向く事が多く
被災地で取材させて頂いた人達をひとりひとり思い出して
泣けてきちゃったと言う。。。。
自分に出来る事って情けないほどちょびっとだと思い知らされる事ばかりで
でも歌を聴いて、出来る事をやろう・・・そう思えて来たと。。。
そんなメッセージをもらって私も泣けて来た。
私もお腹の足しにならないけど
心の足しに少しでもなれるように歌を歌うよ。
ありがとね。。。。
CIMG6988
そんなわけでピアニストの田村博さんを中心に本日出演した
歌姫達と共に
あずみさん、ウイリアムス浩子さん、FUMIKAさん
田村博さんも色々アレンジありがとう。
お疲れさまでした
また笑顔でお会いしましょう
横濱ジャズプロムナードは明日9日(日)まで開催中です


mikahino at 17:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)