2012年04月

2012年04月16日

富山の桜空から金沢の桜空へ

昨夜の富山、日の出小劇場ライブ&打ち上げの翌朝は
金沢へ向かう午後までの合間
宿泊ホテルから程近くの金沢城址公園の桜を見にちょいとお散歩。
かんざしの様な可愛い枝垂れ桜が見頃となっていた。

CIMG9573


そして松川沿いは今、まさに桜が見事に咲き誇りジャスト満開状態。
お天気も上々の中、多くの花見見物で賑わっていた。
桜の時・・・至福のひと時。。。

CIMG9583


遊覧船に揺られながらのお花見もいいなぁ。
何だか皆幸せそう。

IMG_8537


それにしてもこのライブツアーで漸く本当の桜空に出会えて良かった。

CIMG9593


そして今夜は富山市内からロケバスで約1時間程移動し
金沢市内の老舗ライブハウス「もっきりや」でツアー最後のライブ。

CIMG9726


13日長野大町から始まり4日間連日のライブツアー、オーラスの金沢。

IMG_5048


そんな金沢「もっきりや」の会場脇には見事な枝垂れ桜が満開で
私達を出迎えてくれた。
まさにツアー最後の桜空
嬉しいね~

CIMG9615


とにかく今回のライブ、何処も彼処も初めて尽くしで
特にこのもっきりやは未踏の世界。

CIMG9626


でも店内は幾つもの音楽が奏でられ壁や床やテーブルに
そんな音楽の歴史が沁み込んでいる様な風情。
ステージに鎮座するピアノもかなり古そうだけど
ピアノの板倉さんことイタピー曰く
このピアノ凄く弾き易くて良い感じだなぁ
って珍しく気に入っていた。

CIMG9638


そんなわけで「Live Sakura Cafe2012~桜空」長野北陸ライブツアー
今宵、漸く最終日となりました

IMG_1039


このツアー最後のステージ頑張ります

CIMG9684

とにかくお客さんがどんな感じかとても不安だったけど
始まってしまえばかなり和気藹々とする中
私のトークも炸裂
いつになくおしゃべりも面白おかしくなっちゃったらしい
CIMG9691

ライブ終了後にしゃべりがメチャクチャ面白かったと・・・
マネージャーからも言われ、私自身はそうなのって感じ。
CIMG9693

そんなわけでこのお三人さんも怒涛の4日間
何しろ初の桜カフェ企画の手作りなライブツアーの
スリルとサスペンスな日々に付いて来て頂き本当に有難うございました。
CIMG9683

いよいよ明日はお家に帰れるねぇ
まあ、これに懲りずにまたヨロピコ

さて今夜はまた富山の宿へ戻り明日は早朝出発で
メンバーが東京へ戻る途中、私は信州の高遠で下車。
NHK「歌謡コンサート」生放送の生中継で
高遠の桜の中で「桜空」歌う事になっている
なので今夜は打ち上げしたい気分だけど我慢なのだ
そんなわけでお疲れさまでした


mikahino at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月15日

富山ピッツアランチ~だいどころ屋ライブ

昨夜の富山八尾でのライブと終了後の大宴会と化した打ち上げの翌日
昨夜のライブにもお越し下さっていたDJもこさんのお知り合いの
会社社長様のお宅での手作りピザランチの宴にお招き頂いた。
穏やかなるお天気のお昼時でウッディーなお家のテラスは春爛漫
CIMG9319


そしてこのお宅の1階ガレージはイカシタ車を始めとして
主が趣味で集めた懐かしき世界が広がっていた。
IMG_2167
CIMG9343
CIMG9338
CIMG9337
おおぉー
なんて懐かしい風情。。。
お宝鑑定団状態でウキウキしてきちゃうなぁ
CIMG9342

そしてリビングではピッツアを生地からこね
様々な食材をトッピングして何だか楽しそうっていうか・・・
美味しそう
IMG_7260

そして素敵な暖炉で窯状態でピッツアを焼き上げる。
何だか本格的なんだなぁ。
IMG_4228

主である社長さん自ら、鍋奉行ならぬ、ピザ奉行
CIMG9383

焼き上がったピッツアがこれまた美味しかったぁ
IMG_2730

そして中でも一番ソソラレタのは
実は生ホタルイカを昆布の上に載せて
それにお酒をかけてホットプレイトで蒸し焼きにしたもの。
これは酒の摘みに最高
周りに日本酒など見当たらなかったので料理酒としてシェリー酒をかけていた。
こりゃ楽しみ
このようなお摘みには日本酒がいける・・・でも今夜はこれから
ライブをまた控えているので控えめに

CIMG9390

そしてガレージ脇の1階ではこのお宅にご招待された方々が
これまた何だか物凄いクラッシックカーでいらしていて
ペーパードライバーの私はポーズを撮るだけ
IMG_2538

そしてこれまた素敵なオレンジ色の憎いヤツ・・・ホンダS600は
45年前の車。。。。
CIMG9429
P1130542[1]
思わず運転席に乗車して図々しくもパチリ
私ってペーパードライバーの割には車が似合う気がする
それに年季の入ったこの車内。。。
持ち主の方は本当に大切に乗られているのね。
IMG_1012

45年間稼働中のエンジンも骨董品状態。
CIMG9432

そんなこんなのピッツアランチの宴をクラッシックカーと共に
様々に楽しんだひと時。
皆で最後は記念写真
本当に御馳走様でした
P1130611[1]

さてさて今宵は富山市内の居酒屋「だいどころ屋」のオーナーさんが
趣味で作ったライブ会場「日の出小劇場」でのライブ。
思えば二か月前にこの居酒屋でもこさんと飲んでいて
ライブ会場があるって事で見学させて頂いたのがきっかけで
マジでライブやることに決めて
そこからこのツアーを行う運びとなったわけで
様々なマンパワーで繋がったご縁のライブツアー。
IMG_9212

そんなわけでランチの後は午後4時過ぎから会場でリハーサル。
IMG_3961

客席からステージを見下ろす形の会場は
オーナーさんこだわりの手作りなライブハウス。
後部客席は壁際に折り畳んで収納出来る仕組み。
CIMG9461

そしてステージの後ろには立派な桜の花が活けられていて嬉しい
CIMG9448

そんなこんなで本番の夜を迎え、頑張ります
CIMG9489

客席は満席状態でひしめき合う中
お客さんのエネルギーがこちらに伝わってきて
なんだかいつもと違う世界観を感じる。
P1130700[1]

自分の発する歌のひとつひとつ、歌詞の言霊が
リアルに自分自身にもコダマしてくる・・・。
何だか不思議な感覚。
CIMG9516

客席の息遣い、想いまでもがこちらに全て集中してくる感覚。
CIMG9517

何か降りて来てる????
そんな神秘的な感覚。。。
この会場の客席の方々と私の歌が
今までにない不思議なエネルギーを放って交わり
感動的なライブとなった。
嬉しいなぁ。。。。
P1130718[1]

そして夜も更ける中、打ち上げ会場の酒場で待ちに待ったこの一杯。
P1130765[1]
カンパーイ
お疲れさまでした
CIMG9539

そしてもこさんはこの日が最後で翌朝早朝の便で東京へ。
今回のご縁を繋げて頂き本当に感謝です。
ありがとね
P1130781[1]

そんなこんなの富山でのライブも大盛況の中
様々なマンパワーのお陰で行う事が出来ました。
本当にありがとうございます。
CIMG9567

明日はいよいよこのツアー最終会場
金沢の「もっきりや」へ。。。
お疲れ様でした


mikahino at 03:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月14日

おわらの町、富山県八尾の心意気はラテン系

長野の大町温泉郷、ホテル夢の湯で朝風呂温泉を頂き
いざ!富山県八尾へ
桜の花は後数日で開花という状況で桜空じゃなくてまだ蕾空の八尾
思い返せば、この富山でのライブも二カ月ほど前に
何気なく飲んでいる席で、様々なる人間力溢れる方々を巻き込んで
友人DJ小川もこさんのお薦めアーティストで今回のライブ開催になったわけで。
今思えば、凄い決め方だよなぁ
イベンターでもないのに巻き込まれちゃった方々・・・
チケット売りなどホント、お疲れ様です
でも完売とは有り難い

P1120892[1]

そんなわけで今宵のステージは京都の町家風な風情を放つ建造物。
福島三区コミュニティーセンター。
名前が何だか普通な割にかなり素敵な外観。
P1120899[1]

そして中へと入れば木の香りが何とも良い感じで癒される。
それに既に椅子を並べてステージも設置された会場は意外と広い。
ステージ真ん中の背後にはYATSUO JAZZと書かれた
赤い行燈の両サイドのイラストがイナセな風情の垂幕。
なんかカッコいいねー

P1120967[1]

そして今宵のライブには気の利いたおつまみやドリンクも販売。
このイラスト・・・うまいなぁ
これらは全て八尾の町民の方々の手作りらしい。
何だか美味しそう
素晴らしいです
P1050709[1]
P1050734[1]

そんなわけで今宵も昨夜に引き続き小川もこさんに司会進行と
詩の朗読をして頂くので心強い
CIMG9257
そしてお客さんも二階席まで満席状態でライブスタート。
よくぞ頑張ってチケット売ってくれました
武内さんありがとね
P1130014[1]
そして今宵は地元在住の素晴らしいミュージシャン
ベイシストの谷中秀治さんも参加。
P1130089[1]

私の歌と連動して行うもこさんの語りも
彼女の語りの後に歌う身としては
とにかく泣かないようにするのが大変なわけで。。。。
おまけにFM富山でこのライブを収録しても下さるそうで盛り沢山。
P1050862[1]

そして数々のライブと年月を越えて来たと思われる
谷中さんの重厚なウッドベースから解き放たれる音だけで
アルバムでカヴァーしている曲「別れのブルース」を・・・。
これが渋くていつもより、もっとブルースな雰囲気で歌う事が出来た。
ベースのみで歌うって大丈夫かな?って思っていたけど
かなり良かった
さすが!谷中さん
とにかく短いリハーサルで今回始めて合わせて行ったとは思えぬ程
素晴らしい演奏で本当に有難うございました。
P1050902[1]

そんなこんなでライブは大盛況に終了。
終了後は出入り口でCD即売サイン会も行い
「桜空」も多くの方に買って頂けて感謝
P1130176[1]

そしてなんと打ち上げは先程ライブを行っていた会場。
あっという間に町民の方々がステージを撤収して
新たに椅子とテーブルを並べ、お酒や摘みも並べて大集合
P1130238[1]
これまた、かなり美味そうな海の幸・・・
CIMG9297
CIMG9296
そんでもってかんぱーい
お疲れさま~~~~
やはりこの一瞬の為に皆頑張っているのさぁ
IMG_6912

そしてこの八尾町で有名な「おわら風の盆」を
私達の為に目の前で御披露して下さった。
なーんか動きが艶っぽいんだなぁ。
IMG_6396

それに踊っている人は未婚の男女に限るらしく
とにかく笠を目深に被り顔を見せないように踊るわけで
でも皆さん、二十歳そこそこのお若い方々ばかり。
IMG_8862

それに先程まで飲んで酔っ払っていた殿方なども三味線や胡弓などの
演奏家として民謡を歌う方のバックミュージシャン状態で登場。
やるなぁ・・・
P1130275[1]
IMG_9701

とにかく神秘的で艶っぽい「おわら風の盆」に魅了されるひと時。

そしてそんなこんなの宴の中で我がバックミュージシャンの
佐野ちゃんが持参した四角い打楽器、カホーンを
佐野ちゃん自身が何だか叩き始めた。
IMG_6346
すると、まあ・・・おじさん達がワラワラと興味津津で
佐野ちゃんの周りに集まり始め、何だかその光景が可愛いんだなぁ
この会場を建築した棟梁は特にカホーンに触っては
仕組みを観察し、作ってみたいと・・・
やはり木を扱う職人さんなだけに、木の物に対する興味が湧くのかな
IMG_1098

そんなわけでタンバリンまで出して佐野ちゃんオンステージ状態で
おじさん達もそれを囲んで酔っ払い顔でかなり嬉しそう
何だか皆・・・愛おしいなぁー
IMG_3972

そんなこんなの富山県八尾ライブは大成功
思いの外、富山の人々は熱い心を持っていた
どちらかと言えば、スパニッシュとかラテン系だよな
IMG_9198

とにもかくにも、イベンターが手掛けたわけではない、町の人々の
手作りなライブ・・・本当に有難うございました。
ホッとな素晴らしい一日でした。

明日は富山市内の日の出小劇場へ。
おそらくまたもや熱き心意気の人々が集いそう


mikahino at 02:14|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年04月13日

ツアー初めの一歩~長野大町温泉郷

さて、花吹雪な金曜日の早朝8時、東京駅八重洲中央口の
大通り沿いに全員集合
ってなわけでこれから始まる怒涛の長野北陸ツアーの4日間。
このマイクロバスで全行程移動の日々。
私にとって初の試みのツアー。
はてさてどーなる事やら
トロンボーン佐野ちゃんのみ四角い打楽器カホーン持参なので
国立の自宅でピックアップ。

IMG_2099


そして運転手さん入れて総勢7名御一行美歌一座は桜前線北上の中
先ずは長野へ向けて出発なのだ
フェイスブックにも投稿したけど生首二つ仲良くグッタリ並んで
永遠の眠りに着くかの如く直ちに御就寝
それにしてもなんで向かい合わせになるのかね

IMG_7753


そして長丁場の道のりをお休みしつつ
信州に入れば必然的に手打ち蕎麦でしょって事で
お昼は蕎麦屋に入店し私は山葵蕎麦をサッパリと頂いた。

IMG_3898


やがて前方には北アルプスらしき雪山が
そしてこの辺り、まだ桜が咲くまでかなり先な感じ。

IMG_7560


そんなこんなの約4時間30分程の旅路で
今宵のライブ会場「ホテル夢の湯」に到着。
着くや否や温泉にでも浸かりたい気分だけど
ひとまずリハーサル。
そして夜の帳が下りた頃、小川もこさんの司会で始まり
ホテルのロビーライブはスタート。

CIMG9126


今回の旅のお供のサポートミュージシャンの面々は
トロンボーン佐野ちゃん、ピアノのイタピー(板倉賢林さん)
そしてギターのウエキ弦太さんの三名で
熱い演奏を奏でてくれる
頼りにしてまっせ

CIMG9125
CIMG9154

そして今回初の試みはもこさんの朗読を交えたライブコーナー。
私ともこさんとで吟味して選んだ中で
福島原発から20Km圏内で避難を余儀なくされている富岡町の
「夜の森の桜並木」は桜の名所として有名。
その町おこしの一環として「桜にまつわる想い出の手紙」を募集し
毎年「さくらぶみ大賞」として表彰していた平成10年から17年まで
全国から寄せられた全21,482通の手紙の中の入賞作品で構成された
本から選んだ物をもこさんの朗読と音楽で紹介し
最終的にそれに合う歌を私が歌うというコーナー。

CIMG9164

そして私の作品曲から「桜が咲いた」「花吹雪」をチョイス。
様々な人生が織り成す桜模様はそれぞれにどれも
胸にキュンとくるものばかり。
CIMG9161


またもう一つのコーナーでは宮城県の河北新報社発行の
3.11大震災復興支援企画で出来あがった被災者の方々が綴った
「ありがとうの詩」の詩集からも2作程抜粋して
もこさんの朗読で私の「ありがとね!」そして
「桜空」に繋がる構成の語りと歌のコーナー。
いずれも、泣いてしまわないように・・・と
堪えるのに必死な状況。

CIMG9113

でもとても奥深い良い感じのコーナーとなった。

CIMG9176


そんなわけでツアー初日の打ち上げではお客さんと共に
お疲れの乾杯

CIMG9197


静の桜を頂きつつ良い気分

CIMG9194


何度も言うけどこの一瞬の美味しい乾杯の為に
生きている様なものである

CIMG9201


ホテルの美味しい鍋料理を頂きつつ
ツアー初日の打ち上げの宴も楽しむぞぉ

CIMG9203


そんなわけで皆それぞれに良い気分で盛り上がったひと時。
明日は富山は八尾へと、旅はまだ始まったばかり。。。

CIMG9210





mikahino at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年04月12日

大岡川、桜日和花吹雪

横浜の桜木町、関内辺りからも程近い大岡川。
この川沿いの桜も今日は満開を通り過ぎ今日は花吹雪。
時折川面を滑るように屋形船が優雅に通り過ぎる。
そんな時毎年いつも思う事は
一度はあの屋形船で川から大岡川の桜を臨んで見たい・・・
って事で今年も実現する間も無く桜日和は過ぎ去る。。。

CIMG9084

可愛い桜のボンボリが下がるこの桜並木の通りを挟んで向かい側には
隠微なる歓楽街が立ち並び、昼間は楚々とした桜、
そして夜には妖艶な輝きを放ち絶妙に
この世の人生模様を作り出している。

CIMG9063

そんなわけで様々な昼と夜の顔を持つ
大岡川の桜は実はかなり奥深いのである。
CIMG9072

でもここ神奈川での桜は今日で見納めだなぁ。
明日からの長野北陸ライブツアーで数日間
きっと戻って来た時には桜は跡形も無く散って
新緑に萌える葉桜になっていることだろう。

__

それにしても今日は本当に桜日和。
横浜の桜の見納めに間に合い
何か私の為に桜日和にしてくれた様な気分で嬉しい勘違い。

__海抜

でも最近よく目にするこの海抜表示
この辺りは3.5mか。。。。
我が家の方は1.5m・・・実に低い

CIMG9105

昨年の震災以降、今を咲かせている桜を見ると
いつ何が起きても決して不思議じゃないこの国に身を置いているという
現実を見据えながら、だからこそ今を大切に生きる事だと
益々思う様になった私。

CIMG9101

でも希望だけは捨てないで。。。。
花吹雪と共に桜が今年は、そう語りかけている気がした。


mikahino at 22:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)