2012年05月

2012年05月10日

木8公開収録in神奈川県民ホール

中々良いお天気の今日は神奈川県民ホールで
テレビ東京「木曜8時のコンサート~名曲にっぽんの歌~」の公開収録。

IMG_3212

正直こんな近い場所でお仕事だと嬉しくなってしまうわけで
なので音合わせ終わったら暫く本番前の仕度に取り掛かる時刻まで
かなり時間があるので、中抜けして自宅へ戻っちゃお
チャイナタウンもお昼時で賑わう中、お天気も本当に良かったんだよね。
なのにこの後空模様は急変し大変貌しちゃう。
雷と豪雨・・・自宅に居てホールに戻るまで一体どうなっちゃうんだと思う程の
強風&雷雨。。。。
おいおい・・・
無事にホールに戻れるのか

IMG_1028


そんなわけで変貌した天候の中、雨も少し上がったのでホールへと戻ると
マネージャーが心配そうに楽屋口でお待ちかね。
すみませんねぇ・・・

IMG_0792

するとパソコンからの情報では横浜駅周辺は雹が降ったらしく
その画像を見て驚愕
真っ白い世界に変貌しこれが全てビー玉程の大きさの氷の塊、雹って事で
もぅね・・・「氷雨」歌ってる場合じゃないね。。。
まるでこの世の終わり的なね、リアルSF映画状態
CIMG0061

そんな足場の悪い中でも公開収録では観覧の人々がびっしりのホールで
お馴染みの「氷雨」そして
今回私は宮路オサムさんと「男と女のラブゲーム」を初共演。

CIMG0056


大先輩、宮路オサムさんとの初デュエットも結構良い感じでした

CIMG0066


そして先月NHK歌謡コンサートで中継先の高遠で私が「桜空」を歌った後に
「春おぼろ」を歌われた岩崎宏美さんが今日はさだまさしさんの作詞作曲の
新曲「いのちの理由」を手話を交えて熱唱。
そんな宏美さんから舞台脇で「この前の歌コン、凄く良い歌だね。良かったよ」って
声をかけて頂き、驚き&喜びのひと時
宏美さんは私が歌手を目指していた中学、高校時代の憧れのシンガー。
そんな方からその様なお言葉を頂けるなんて、そんな事
想像もしていなかった事で、、、マジでかなり嬉しい
これからの励みになります。

ありがとうございます。

CIMG0060


そんなこんなの木8の公開収録。
始まったらノンストップであっという間の公開収録無事終了。
それにしても最近のお天気は普通じゃないね。



mikahino at 23:00|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

2012年05月08日

歌の散歩道から濱の散歩道へ

今年2月3月のユアソングのコーナーで「桜空」が2ヶ月間お世話になった
NHKラジオ第一放送の「歌の散歩道」。
今回はその生放送ゲストで渋谷のNHKのスタジオへ。
ユアソング期間中は国会中継や緊急ニュースが無い限り
月曜から金曜この番組のエンディングで公開録音の時以外は必ず流して頂き
全国放送で様々な地域の方々に「桜空」を聴いて頂く機会を得られた。
そんなわけで本当に感謝の「歌の散歩道」。。。

IMG_4085


そして本日のアナウンサーは長崎県五島列島出身の
川崎寛司さん。
高層階のスタジオの窓から見える都会の景色も
5月の新緑の風景が美しい。
そして曲目は「氷雨」「花吹雪」「桜空」のオリジナルと
「横浜フォールインラブ」のアルバムから「港が見える丘」をオンエア。
先日訪れた石巻の話や4月の北陸ツアーの話など
話も盛り沢山で30分近くの生放送もあっという間。
長崎県五島列島生まれの川崎さんはなんと福江の旅館の息子さんだそうで
仕事で私も昔、訪れた事のある五島列島が福江だった事を思い出す。
彼もまだその頃は子供だったと言う事で
周りの大人達が「氷雨」をカラオケで挙って歌っていた事を覚えているらしい
美味しい海で育ったんだね。。。羨ましいなぁ。

IMG_1579

そんなこんなで楽しい生放送終了後は横浜へと戻り
真っ直ぐ自宅へ直行しようと思ったけど
お天気も良さ気なのでちょいと近隣をお散歩。
そんなわけで歌の散歩道から濱の散歩道へ

IMG_8176


そして私のお気に入りな場所で小腹を少し満たす事に

IMG_3398


大桟橋に向かう途中の、象の鼻パーク辺りは
Y150でかなり洗練された風情の波止場になり
今ではこんな風にシードルとホットサンドで
アウトドアなテーブル席で軽いお食事も出来ちゃったりする

IMG_2107


濱の港町の雰囲気にまさにピッタリ合うそんなノラの黒猫ちゃんも
まったりな午後のひと時

IMG_4479

かなり雰囲気あるこの店の扉の下には
セメントでわざとオブジェ風に埋め込まれた小物達がまた良いんだなぁ。
IMG_9699


貝殻や古めかしいライター。。。

IMG_4267


流木、時計、懐かしいオハジキ、色っぽい女性の謎なオブジェ・・・

IMG_8252


あれ?こんな所に大好物なシウマイのあの醤油さしまで
私、この醤油さし、実は集めているだよね
ひょうたん型の陶器に描かれた顔は様々なその時代を感じさせる。
これはサラリーマンがネクタイ締めてキリッとしている感じかな?

IMG_5725


見ていると相当ウキウキしてきちゃうこのオブジェ達。。。
そしてこの場所はとにかく私のお気に入り。


IMG_7059

そして大桟橋には今日も大型の船が停泊中。
歌散歩から濱散歩・・・中々良いコースかも


mikahino at 22:30|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年05月04日

石巻の桜空

GW真っ只中。
被災地でのミニライブで宮城県石巻へ。
このお話を頂いたのは1ヶ月ほど前。
数年前の夏、宮城の玄松院というお寺の本堂でライブをさせて頂いたご縁で
そこの僧侶の三浦さんというお坊さんから今回やってみないかとのお話。
あまりボランティアな事も大してしていない私だったので
これもご縁・・・是非という事で喜んで引き受けさせて頂いた。

前日から東北は大雨にみまわれ、在来線も運行停止など
東北に向かう新幹線内ではそんな知らせのアナウンスが飛び交う。
それでも空模様は快方に向かっている様子で
雲の切れ間から太陽も少し覗き始めていた。

CIMG9930


やまびこで古川駅に到着し、そこから三浦さん運転の車で石巻へ。
雨の影響で河川は思いの外増水していた。
そして初めて目の前で見る瓦礫の山。
被災地の瓦礫問題は今や日本全国の問題にもなり
それでもこんなに満載の瓦礫を目の当たりにすると
やはりどうにかしなければならない事は確か。
震災以降、最早私もそうだが政治を信じることが出来ない多くの国民。
簡単にはいかない事態にもなっている。

CIMG9942


そして海沿いを走るとそこには嘗ての普通の日常は無く
大津波によって破壊され奪われた日常の情景の欠片が少し残っているだけ。
惨い。。。

CIMG9946


それでも一年前はこんなもんじゃなかっただろう。
今は瓦礫や泥もほぼ片付けられ、何も無い大地の空には
潮風に乗りながらカモメが飛んでいる。
そしてそれが一層荒涼とした風景にさせていた。
ホント・・・あの日
何もかも持ち去って行ってしまったんだ。

CIMG9945


やがて最初のミニライブ会場、石巻市渡波公民館に到着。
公民館前の入口には既に観覧の人々が並んで待って下さっていた。
なのでまだ仕度もこれからの状況で到着した私を見て
「あらまぁ、日野美歌さん、、、普通の人だねぇ・・・」だって
この後、きっちり芸能人オーラ出しますよ

CIMG9952


そんなこんなでライブ開始まで時間もあまり無い中
音合わせの後、仕度をしてバタバタ状態でスタート。

CIMG9976


会館ステージ上には今朝、何方かの自宅の庭から収穫して来たという
八重桜が花瓶に活けられていて、これが無ければおそらく
かなり殺風景なステージになっていたので、何気ないそんな気遣いに感謝

CIMG9963


そして皆、本当に楽しみにして下さっていたのがよく解る。。。
ステージを降りて客席を回る中、握手をしながら歌う中
ここに居る人達がどれ程の悲しみを抱きながら暮らしているのかと、、、
様々な想いが巡り何だかやっぱり泣きそうな心を抑えつつ歌う。

CIMG9970


やがて「桜空」を歌う前のトークでは既に泣いている人を見かけてしまい
自分もまたしゃべりながら嗚咽状態になってしまった。
ダメだ、、、励ますために来ているのに自分が泣いちゃ。。。
でもこの歌をこの場所で歌う事もきっと偶然じゃない。
そして泣き崩れそうな想いを堪えながら何とか歌った「桜空」。。。

CIMG9986


ここに来ている多くの人が愛する人や居場所を失い
悲しみを背負いながらここで暮らしている。
どうか今日は私の歌で悲しみの荷物を少しでも下して欲しい。
そして震災前から既に掲げられていた石巻市民憲章が
今や復興への道標のように存在していた。
道のりは厳しいけれど、どうか生きて生きましょう。。。

CIMG9993


そんな想いを残し次の会場へと時間も押してしまい大急ぎで向かう。

CIMG0020


次の会場は南境仮設住宅の集会所である。
プレハブ住宅の仮設団地が立ち並ぶ中
同じプレハブの集会所でも
多くの方々が首を長くして待ってくれていた。

CIMG0022


そして今回はお坊さんが企画してやっていると言う事で
テレビ局の取材班カメラも取材に来ていた。

CIMG0018


こちらの仮設住宅で暮らす方々も心に陽を灯しながら
本当に一生懸命日々の暮らしを生きていた。
最近始めたフェイスブックで知り合った女性の80代お母様が制作した
布草履と象さんのタオル。
この布草履はママサポーターズがサポートしている
高白浜草履組合でネット販売もしている。
被災された方々の手作りだそうでお年寄りの方々が制作している。
購入すれば支援に繋がり作り手の方々の心の励みにもなる。

IMG_1564


そんな素敵な物まで頂き、また帰りがけはある年配女性から
「聴いて涙も沢山出たけど、その分勇気ももらったよ。ありがとね。。。」
そんな言葉をかけられ、こちらこそ全くもって励まされていたわけで・・・。
そして思った。

お会いした皆さんどの方も本当に優しい素敵な人々ばかり、
なんでこんなに大変な目に遭わなければならないのかと、、、
本当にこの世の無常も感じてしまった。
それでも皆笑顔で懸命に生きている。。。。
帰りの空を見ながら、どうか明るい未来を齎して下さい、、、そう願う道のり。
そしてやはり昨日の大雨の増水で田畑はいつの間にやら湖の様になっていて
やって来た道は閉鎖され迂回せざる終えない状況。
すると先程歌っていた場所でもとうとう避難勧告が出たと言う。
この辺りは地震で地盤沈下も激しく、水が溜まり易いそうだ。
大変だなぁ、、、、何とか無事でいて下さい。

IMG_8422


そして最後にコミュニティーFM、ラジオ石巻の生放送に出演。

元々在った場所は津波でダメになってしまい
街中の違う場所で今は放送している。

IMG_0571


そして「夕方ちゃんねる764」の生放送出演。
ひとまずこれでミッション終了である。
お疲れ様です。

IMG_6752


そして終了後、古川の宿泊ホテルに戻る前に
石巻を一望出来るという日和山公園に連れて行って頂いた。
鳥居の向こう側には漁港石巻が広がってた。

IMG_2117


桜の花も八重桜はこれから見頃という感じの中
広がる街には根こそぎ波にさらわれ傷跡が生々しい場所もこの場所から見える。


きっとここまで津波に逃れて来た人達はこの風光明美な景色が
悲しみの濁流にのまれて行く光景をまざまざと見せらていたのだろう。

IMG_4256


それでも桜は今年も咲いて春が来た。。。

IMG_2212


桜もまだ少しだけここでは咲いていた。
あの日が無ければきっとこの場所はこの豊かな自然と美しい大海原と
そして人の営みの見える街並みが美しく見えたに違いない。

IMG_5019


それでもここで生きる人々は明日を見つめて生きている。
そんな今宵は被災地の地酒、日髙見を頂きながらお疲れ様の一献。

IMG_9252


三浦さんもお疲れさまでした。

CIMG0049


そんな三浦さんのお寺の本堂も実はしっかり被災されている。
3.11の後に何度か携帯に電話をしても繋がらず
数日後やっと三浦さんの声を聴いた時は本当に安心と同時に涙も込み上げて来た。
お寺の修復まではまだ時間がかかるそうで、そんな中でも
被災地の為に本当に頑張られていて頭が下がります。
三浦さん、また私に出来る事があれば言って下さい。

本当にお疲れさまでした。



mikahino at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年05月01日

Age Free Music

Age Free Musicという言葉を音楽業界に提唱した
音楽評論家の富沢一誠さんのラジオ番組FM NACK5の
「Age Free Music!」に出演。
富澤さんのこのAge Free Musicというカテゴリーに私の現在発信している音楽は
ドンピシャなんだと、以前から思っていたので、富澤さんには
前々から本当にお会いしたかったわけで
今回やっとお会いすることが出来た。
IMG_2313


すると富澤さんも私の数年前にリリースしたアルバム
「横浜フォール・イン・ラブ」を聴いてこれぞAge Free Musicだと感じ
是非いつか私をゲストにと思って下さっていたと言う。
音楽業界も昔とは大違いで私の現在発信する作品「桜空」などを演歌、歌謡曲で簡単に
昔と同じように括っていても何かちょっと違うかなぁ~という事も多い昨今。
なので富澤さんの提唱するAge Free Musicは私の救世主でもあると思う。
40歳~64歳辺りのユーザーが求める良質な大人の音楽。
その音楽の仲間入りを是非ともさせてください!


mikahino at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
ホーム         ▲このページの先頭へ