2011年07月14日

2011年飛鳥Ⅱワールドクルーズ横浜港帰航

2011年飛鳥Ⅱワールドクルーズ最終航路のハワイから乗船しての船内生活10日間。。。。
今朝はそんな長き航海から漸く地上へといよいよ下船する朝を迎えた。
早朝6時オープンの12デッキのグランドスパも名残惜しい最後の入浴とあって乗船客の人々で
早朝から混雑する中、4月3日から乗船して3ヶ月以上のワールドクルーズで

来年も頑張って乗船出来るよう頑張りますね、、、とスパ専門係りのメイドさんに
長い間お世話になりました、、、ありがとう。。。。としんみり話しかけている品の良い老婦人。
そんな場面を垣間見て何だか目頭が熱くなる。。。。
そうだよね、、、これだけ旅路を共にしていたら、お客様とメイドさんでも
別れを惜しむ気持にもなるんだなぁ。
そしてまた来年元気で乗船出来るように、頑張って生きてゆく。。。。
これなんだなぁ。。。。実に、深い。。。。

CIMG5791
2011071406030000








CIMG5805そしてサウナの中でBGMで聴こえる童謡
「故郷」のインストミュージック。
もう直ぐ我が故郷へと帰郷する想いが一層強くなる。

そして風景に漸く島が見えて来た。
千葉の房総半島辺りかな?
何しろずーっと太平洋の海のど真ん中を航海中で
島ひとつ見えない世界だったわけで、こんな風景は
実に久々で何だか嬉しくなっちゃうんだな^^
やがて客船飛鳥Ⅱは東京湾へと入港し、入国審査官の船が飛鳥Ⅱに近付き横付けとなって
飛鳥Ⅱへ審査官が乗船する。。。。そんな状況で徐々に横浜港へと飛鳥Ⅱも近付いてゆく。
あっさり到着しないこのプロセスも中々奥深く面白いんだなぁ。。。。
CIMG58242011071409240001








CIMG5834
そして何だかんだと言いながら横浜のシンボルでもある
横浜ベイブリッジが忽然と現れてきた。
おぉー
この風景、、、お懐かしい




そしてこのベイブリッジの真下を潜り抜ける飛鳥Ⅱ
CIMG58392011071409520001









これが横浜ベイブリッジの真下なのね。

なんか感動的なんだなぁ


そして放水する船。。。。
これは「お帰りなさい」って言う歓迎の意味なんだそうで
バックに見える馴染みあるランドマークとみなとみらいの風景も懐かしい。
CIMG5843CIMG5846








2011-07-14 (1)2011-07-14 (5)







皆さ~ん今無事に戻って来ました
お出迎えありがとうございます

因みにこの写真は私のスタッフが大桟橋から撮影。
そんな船からと大桟橋からとらえた
二方向の写真を交えながら綴ります。



そして船内のプロムナードデッキではアスカオーケストラの生演奏と共に
横浜港入港に合わせての入港パーティーでシャンパングラスが振る舞われ
懐かしの横浜の風景を眺めながら、それぞれに旅の別れを惜しむ。。。。
CIMG5856CIMG5851








CIMG5866CIMG5890









今回バックミュージシャンを務めて下さった
頼もしい面々もお疲れさまでした
ギターの幹男ちゃん、
やっと陸地に戻れるね~

そんなこんなで出船、入船、、、悲喜こもごもな横浜港大さん橋に飛鳥Ⅱ帰航。
CIMG58692011-07-14 (9)








CIMG5904CIMG5906








沢山の方々のお出迎えに大さん橋も大いに盛り上がり、
ブラスバンドのオーケストラも桟橋の上から響き渡る。
2011-07-14 (10)2011-07-14 (17)







2011-07-14 (18)そして横浜港大さん橋に飛鳥Ⅱ、無事着岸。
船のデッキの柵には乗客の方々が航海中に手作りで
作り上げた「がんばろう日本2011年飛鳥Ⅱワールドクルーズ」
のブルーの横断幕が掲げられていた。
今年の春、桜が咲き始めたこの横浜港から出航した飛鳥Ⅱ。
3月の震災でおそらく様々な状況が起こっていた中で
何とか出航に至ったのだと思う。

なので今年2011年の飛鳥Ⅱワールドクルーズの乗船客の方々の想いはいつになく
濃厚な深き想いの中で旅をされていたのではないだろうか。。。。。
私もそんな時代の流れの中で、ワールドクルーズでのオーラス航路に乗船し
歌わせて頂いたのも、きっと何かのご縁なのだと、しみじみと感じている。
また元気に笑顔でお会いしましょうね。。。。。

2011-07-14 (19)2011-07-14 (20)







2011-07-14 (23)そんな飛鳥Ⅱが着岸して約1時間後、漸く船内のアナウンスで
飛鳥Ⅱ船内から下船の用意が出来たとのお知らせが流れ
上階の部屋の方から順番に下船。
この後、最終帰航地は神戸なので横浜港で私達は下船。
そして荷物を受け取りターミナル出口を出ると
出迎えの中の人々の中に何故か歌手のつのだひろさんが
いらっしゃるではありませんか
つのださんも今回の世界クルーズの海外の何処かの航路で
ゲストアーティストとして乗船されていたわけで、、、、そのお仕事も既に終えて帰国しているにも
かかわらず、おそらくお知り合いのお客様のお出迎え素晴らしい気配りに脱帽である。
2011-07-14 (22)そんなわけで、4月3日からスタートした世界一周の長き航海。
本当にお疲れさまでした。
私はその航海のほんの10日間ではありましたが
素晴らしき燻し銀な人生を送って来られたお客様と共に、
奥深い船旅を経験させて頂き、またこれからの人生の旅路の中で
生きると言う事を太平洋の海洋上から考える日々を
しみじみと送らせて頂きました。
そしてまた再びお会いできる時を楽しみにして陸上での日常を
また楽しみながら日々を乗り越えてゆきたいと思います。
ありがとうございました。。。。。

そしてやがて迎える就航20周年の飛鳥Ⅱ、、、いつまでも平和なる海で夢の航海を



mikahino at 18:07│Comments(5)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Ara   2011年07月20日 19:53
美歌さん

航海中の日記楽しみにしてますよ。
帰港の当日お迎えに行きたかったぁ!!
2. Posted by 富士びたい   2011年07月20日 20:05
ご無事で何よりです。つのだ☆ひろは私の師匠です。きっと何かの「縁」だと思いますよ。もし僕が引き寄せたとしたら、嬉しい限りです。ちなみに、奥さんは物凄い美人です!
3. Posted by 横須賀夫婦   2011年07月20日 22:24
5 ブルーのお洋服、ムームーですかね?とても綺麗な色合いで美歌さんお似合いですね。お疲れ様でした。
4. Posted by 日野美歌   2011年08月05日 04:58
そんなわけで無事帰港して陸上の人となって頑張ってます。様々な人とのご縁に感謝です。ありがとうございます。
5. Posted by planearde   2013年01月16日 12:25
私はすべての 安全かつ健全な 上に います。 ☆ ヒロ 角田は 私の 先生です。 私は確信して 何か の "縁" だと思います。 私 は、私は うれしいです その後 、 に惹かれました。 ところで、 彼の妻が 目の覚めるような美人 です!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔