2011年07月15日

ふんばろう東日本支援プロジェクト

昨日飛鳥Ⅱのワールドクルーズから無事帰国して
日本の夏、、、実に蒸し暑い酷暑の夜を汗だくで過ごした昨夜。。。。。
いやはや、、、やはり6月末からハワイ入りしていて日本も本格的猛暑の一歩手前って
状況の季節にカラッとした気候のハワイに渡っていたせいか
帰国して本格的猛暑の日本の夏に初日からグッタリ・・・現実の夏がここにあるわけで
そんな翌日金曜日は久々のラジオ日本横浜本社で「日野美歌のヨコハマ日和」生放送。
そしてハワイの方から頂いた有名なクッキーをスタジオに持参。
これがホノルルクッキーって言うかなり地元でも有名なクッキーらしい。
CIMG5933CIMG5938








CIMG5941出番前に少し頂いちゃてみたらマジで美味しいんだよね
フルーツが真ん中に入っていて、味もフルーツな味だったり色々。
これは地元の人が勧めてくれるわけだ。
そんなわけで今日の「ヨコハマ日和」ではハワイの話や
飛鳥Ⅱでの10日間の船上ライフなどで終始盛り上がった。
何しろ昨日横浜港大さん橋に帰港した戻りたてホヤホヤ
それにしても何事も無く穏やかな太平洋を10日間航海出来たって
事に感謝しなくちゃならないな。。。。

CIMG5939帰国すれば震災からの終わらない現実がニュースやネットで
錯綜している相変わらずなこの日本。。。。
仕事とは言えども、テレビもラジオも途絶えた太平洋ど真ん中で
現実から逃避出来た数日間は私にとって
実は心のリハビリになったのかもしれない。
日本に居ない間も大地は未だ容赦なく揺れたそうだし
やはり船の揺れと地震と言う大地の揺れは大いに違う。
自宅で少しでも揺れを感じるとドキドキしていたのに
船内での絶え間ない揺れはまるで気にならず
毎晩ぐっすり眠る事も出来た。

それにしても復興と言う声はあがっていても未だに
普段の食糧に困窮している行政の手も届いていない
被災地の方が沢山いると言う現実を帰国間も無く知る。
普通の生活用品を手に入れるのも困難な在宅被災者の方も
多く存在しているという事で「ふんばろう東日本支援プロジェクト」
どうか多くの方々に注目して頂き、出来る方は支援をお願いします必要な物資が色々あるようです。
行政をあてにしていたら、死人が出てしまう・・・と言うのが現状です。。。。。
個人宅での支援も現実的に多いです。大量でなくても、ささやかな量でも支援になります。
何卒よろしくお願い致します。私も出来るだけ協力させて頂きます。

そんなわけでこの現実にまた立ち向かう日本の日常が始まった。。。。

mikahino at 23:00│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 富士びたい   2011年07月21日 05:58
本当に、遅々として進まない被災地復興には腹が立ちます。「なでしこジャパン」の大活躍にも素直に喜べない有り様。「カップを手にして、はしゃいでる場合か!」と、政府のお偉いさんを怒鳴り付けたい気分です。こちらも「支援疲れ」にならないように、気を付けましょうね。
2. Posted by 日野美歌   2011年08月05日 04:56
色々考えると不安が盛り沢山ですがどんな時も笑顔を忘れず希望を持って生きる事ですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔