2011年08月28日

宮崎の空から

2011082817180001そろそろ巷の夏休みも一休みかと思いきや
この夏休み最後の週末を何処かで過ごそうと
旅立つ人々で何だかんだとごった返す羽田空港。
そんな8月最後の週末、宮崎へ向かう。
それにしてもスカイネットアジア航空がソラシドエアに
名前が変更されたんだぁ。九州の翼・・・なのね
イメージカラーが私の好きな色でピスタチオグリーン

て言うのが好感持てるなぁこの色大好き                   

2011082717500000そんなお初なエアラインで午後4時に宮崎に到着。
曇り空の東京とは違って夏空が広がる中、都城へ向かう。
明日の農協イベント出演で会場で事前に音リハである。
市場でもある会場は半屋外なので風が通る度に秋を感じた。
そしてリハも終わってホテルに向かう車の中からは新燃岳が
黄昏の田園の向こう側に穏やかに佇んでいた。
何しろ3月半ば辺りまでまともに噴火していて沢山の灰も降り
新燃岳周辺の人々は避難状態だったそう。

2011082720430000そんな中であの3.11の東日本大震災で新燃岳の噴火報道も
薄い報道となる中、なんとか噴火は鎮火してくれたらしい。
それでもその噴火で避難している最中、お年寄りの方など
東日本の震災を憂いで自分も噴火で被災して大変なのに

義援金をカンパして自分達より東北の人がもっと大変だと
北国を思いやっていた宮崎の人も多くいたと
宮崎出身の知人から聞いていた。宮崎に呼んで頂く機会も
多い私はそんな宮崎の人々が大好きだ。
それでも未だに小規模の噴火は時たま起きているわけで
口蹄疫や噴火など、様々な試練を乗り越えながら暮らす宮崎の人々。。。。。
だからこそ人の心の痛みがよく解るんだろう。大いなる大自然も人間に恩恵も与えてくれるが試練も与える。
そんなわけで今夜は明日のガソリン注入で芋焼酎の白霧島20度をロックで頂きながらイイ気分となる。
黒霧島、赤霧島は普通に知っているけど白霧島は中々地元じゃない限りお目にかかれない。
度数20度って言うのも九州地方は普通に存在するけど他県に出回る焼酎は25度が多い。
だからこの20度ってーのが飲み易くてヤバイ

CIMG6593CIMG6591








CIMG6606そんな芋焼酎祭りな夜の翌日は、しっかりすっきり起床

11時からのステージと14時のステージをそれぞれ
地元の人々との交流の中、無事遂行。。。。。



やっぱり宮崎の人達はあったかい




2011082815490001

そんな帰りの空港へ向かう道筋では虹の架け橋が
なーんか嬉しくなるなぁ。。。。
車のフロントガラスはそれに伴い小雨が少しぱらついた。
虹の向こう側は雨なのかな。



2011082817000000
そして空港へ向かう途中で某神社を参拝。。。。
地元でもあまり知られていない奥まった場所に
地味に佇む神社で、何か普通じゃないんだな。。。
あまり言いたくないのでそんな程度で名前はご勘弁。。。。
そこで清めるかのように参拝しすっきり身軽な気分となる。
そして空港へ再び向かう黄昏時な空が何だか神秘的。
今日は虹といい、この空といい、何だか様々な空模様に遭遇。

CIMG6653そんなこんなで帰りの飛行機もソラシドエア。。。。

夏休み最後の週末日曜日で機内も満席。
私の席の後ろは小学1年生位の男の子で
何か嫌な予感的中。。。
案の定、我がシート後部を足でバタンバタンと蹴られ
我慢の限界に来ていた。
母親らしき女性も注意せずで思わず「蹴らないでね」と
後ろを向いて注意しちゃったよ。。。。
基本的に子供は好きだがやはり天使と悪魔が共存しているとこんな時は感じる。。。。
それにしても帰りの機内から見える夕焼けもきれい
夕焼け空もどこか秋めいて見える。。。。。
色んな空の下に色んな人生、、、明日は晴れるかな?



mikahino at 23:30│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 横須賀夫婦   2011年09月08日 23:38
5 都城は夫婦で10年前に一度だけしか行ったことがないので記憶が定かでないのですが城跡を見たような気がしてます。なんかとても落ち着く街の印象がありましたが、そんな素敵な場所で美歌さんの歌に酔いしれてる地元の人々の姿が想像されますね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔