2011年09月25日

週末のお江戸を眺めながら

CIMG6914
                                                        9月最後の日曜日、、、秋の気配漂う朝
              長袖にカーディガンでお出掛けの浜松町は文化放送「千田正穂のありがとう」
                            生放送収録である。
               でも電車を一本乗り遅れた私、、、大好物のシウマイ弁当も買い損ね
                             トホホなスタート。。。。。
CIMG6912
                お天気はまずまずな週末、、、9階スタジオからは夏の名残りの
                     緑眩い旧芝離宮恩賜庭園が見下ろせる。
CIMG6917
                 そして本日買い物ゲームに参加したリスナーさんが
              新橋駅前の名酒センターアンテナショップで手に入れたと言う
                        日本酒が何か気になるんだな
               一升瓶のお酒は「とんでもねぇ」って名前で長野のお酒らしい。
             私としては初めて知るお酒の名前だし、手前の小さなお酢みたいな小瓶は
               立派な日本酒でお値段も訊いた所、立派に二千円程だったような?
                    てなわけでなーんか気になる名酒センター
                 いつかは行って見たい気満々で2時間生放送を終え
                  その後は、シンガーの相曽晴日ちゃんと三越前の
              マンダリンオリエンタルの37階レストランで遅めのランチ。
2011092513580000
お江戸を見渡しながら、やっぱりこれは白ワインでしょ!
てなわけで、ボトルで白を一本入れちゃって昼間から
大人の週末ランチである。
私は摘み系ランチで良い気分。
 そして久々の彼女とのランチで話は弾む    
CIMG6921

そして何より感動したのはこの景色・・・
ここは37階の女性化粧室、、、トイレからの眺望。
手を洗いながらこんなお江戸が見渡せるなんて素敵
あのニョキっとそびえるは・・・お江戸のシンボルタワー
スカイツリーじゃ~あーりませんか
CIMG6923
                   テレビでは幾度となく見ていたけど、こんな状況で
                       肉眼で見たのは初めてかもぉ~
                             なんか感動だな
                    それにしてもトイレにしておくには勿体ない景色。
              そんなわけで彼女とお馴染みの天使系なアクセサリーの展示会を
               三越で観覧した後、、、真っ直ぐ帰るつもりが、またもや今度は
                黄昏時の新橋へと流れ、日曜日なのに営業中の居酒屋で
               マンダリンオリエンタルホテルの余韻は何処へ・・・ってな感じで
                    おしゃれなマダムからオヤジな休日へと変貌。。。
               仕事で日本に来ていると言うフランス人のご年配の御夫婦に
              何故か一生懸命、ブロークンな英語でメニュー説明をしていた私達
            だってさ、、、こんな大変な我が国に来てくれて、何だか心許ない気分にもなり
             せめてこんなアホな見知らぬ日本人の奇妙な親切さを旅の思い出に・・・
                         なんて思っちゃったのさぁ。。。。。
                   そしてまた熱燗呑みながら泣いたり笑ったりの私達、、、
            結局〆は大人なランチから変な呑んべぇオヤジで終わった週末なのであった
             

mikahino at 23:30│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 富士びたい   2011年10月01日 11:08
正しい休日の過ごし方です。
2. Posted by ベースボールキャップ   2014年01月09日 15:16
「どちらの側からも、好ましくは、shoulds改善するための行動の静けさのトレーニングコースに資する設定を保持、彼が終了したら、誰が仲介冷静ディスカッションエルサレムとして再び開始2日での通信と述べた。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔