2011年10月08日

横濱ジャズプロムナード2011

20111008 (6)
素晴らしい秋の行楽日和
三連休初日の今日は横濱ジャズプロムナード2011が
今日から明日までの2日間、この港ヨコハマで開催される。
そして私は初日のジャズプロムナードスタート時間とも言える
時間帯に関内大ホールで田村博トリオと4レディースとして出演。 
20111008 (3)
この関内ホール以外でも横浜開港記念会館やランドマークホール
ランドマークプラザ、赤レンガ倉庫や夕刻からは様々なジャズクラブなどでも
ライブが展開されそれらは1日当日券5千円で様々なライブ会場をフリーパスで入場出来る。
まさにプロムナード状態で横浜の街はジャズ色に染まる。
街角ライブは無料で観覧出来ちゃうし、さてさて何処から行くかな
そんな声があちらこちらで聞こえて来そうな横浜。
20111008 (2)
そして11時30分少し過ぎから我々チームのライブはスタート。
田村博トリオのインスの演奏から始まり
4レディースの歌姫達が次々に4曲ずつ歌う中
ようやく私の出番。
20111008 (9)
今日は朝から仕込みに時間もかかって
リハもそこそこに本番になっちゃったけどきっとステージの神様が
降りて来て必然の何かを感じるステージになる。。。。
そんな見えないけど確かな予感を信じて私のコーナーは
ジャズの定番「You'd be so nice to come home to」からスタート
20111008 (14)
そしてカヴァーアルバムでも収録されている「港が見える丘」を田村さんのアレンジで
より一層ジャズ色に染められた世界観で歌う。
そして歌謡曲だけどジャズテイストある私のオリジナル「横浜フォール・イン・ラブ」を
よりファンキーな演奏で披露。
私のコーナー最後の「氷雨」はダークな雨を感じさせる
より大人の渋い世界の雨模様となったアレンジで披露。
20111008 (16)
そして自分のコーナーの後はチャーリーチャップリンの「Smile」
この歌に日本語の歌詞を私自身が書いてメロディーに乗せて先ずワンコーラス歌った。
この曲は今の日本にとって、とても心に深く沁みる言葉で綴られている歌詞でもある。
当初は皆で最後に歌う歌をどうするかと言う事で色々な曲が並べられる中
この「Smile」が気になりどんな意味なのか調べて
これしかない!と思って決めさせて頂いた。
20111008 (17)
そしてこの「Smile」を最後に選んで本当に良かったと思った。
どんな時も笑顔を忘れない事、辛くて悲しい時、心に太陽が見えない時でも
ちょっとでも笑ってみて、、、人生そんな悪い事ばかりじゃないって
ちょっとだけでも思えるよ。
そんなちょっとの事が大きな力に変わる。。。。
20111008 (20)
何度も言うようだけど、やはり3.11で今年のジャズプロムナードも
いつもと違う気持ちで迎える人も多いのだと思う。
見に来る人、表現する人、用意する人、、、皆何処かに見えぬ
大なり小なりの傷を持ち合わせながら挑んでいる気がする。
20111008 (22)
そんなこんなで何だか歌う本人も感動を頂けたライブとなり
ロビーでのCD即売では様々な方々と触れ合いながら
今年飛鳥Ⅱのワールドクルーズに乗船されていたと言う御夫婦も
いらしてくださり、CDをご購入して下さった。
飛鳥Ⅱでの私のライブも観覧していて何かの御縁なのねぇ。
またこの私の濱のアルバム「横浜フォールインラブ」を晩年に取材し
取り上げて下さった今は亡き評論家の平岡正明さんの奥様もいらして下さり、、、、
様々な偶然は必然だとまた感じるひと時。
20111008 (24)
そして今回のライブを観覧したと言う友人からのメールには
「Smile」で大泣きしたとのメッセージが。。。。
某記者をしている彼女は取材で被災地へ出向く事が多く
被災地で取材させて頂いた人達をひとりひとり思い出して
泣けてきちゃったと言う。。。。
自分に出来る事って情けないほどちょびっとだと思い知らされる事ばかりで
でも歌を聴いて、出来る事をやろう・・・そう思えて来たと。。。
そんなメッセージをもらって私も泣けて来た。
私もお腹の足しにならないけど
心の足しに少しでもなれるように歌を歌うよ。
ありがとね。。。。
CIMG6988
そんなわけでピアニストの田村博さんを中心に本日出演した
歌姫達と共に
あずみさん、ウイリアムス浩子さん、FUMIKAさん
田村博さんも色々アレンジありがとう。
お疲れさまでした
また笑顔でお会いしましょう
横濱ジャズプロムナードは明日9日(日)まで開催中です


mikahino at 17:19│Comments(2)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 大船人   2011年10月11日 23:59
5 初めて投稿します。

横浜ジャズプロムナードの4レディースのライブ、
4人の個性溢れるボーカルの持ち味が発揮していましたね。素晴らしかったです。

「Smile」で日野さんがおっしゃった
「つらい時でも笑顔で行きましょう」というメッセージには、思わずはっとさせられました。

「そう言えば、最近、あまり笑ってないなー」と
思わず自分を見つめ直したりしてしまいました。

昨年秋に、ちあきなおみさんにどっぷりハマってしまい、それ以来、歌謡曲にハマっています。
今では「歌謡コンサート」と「BS日本のうた」を
毎週欠かさず観ています。そんな中、日野さんの「かもめはかもめ」を聴き、「いつかライブで聴いてみたいなあ」と思っていたところ、今回の出演を知り、さっそく足を運びました。

横浜の恋の雰囲気溢れる「横浜フォールインラブ」やJazzテイストの「氷雨」など、どれも素晴らしかったです。

「You'd be so nice to come home to」の奥の深い味のあるボーカルでは、「日野さんはジャズもいけるんだなあ」と新たな発見でした。

最後に、ミニアルバム「横浜フォーリンラブ」を購入し、サインと握手をしていただき、ありがとうございました。

ミニアルバム「横浜フォーリンラブ」は、横浜の雰囲気に包まれたとても素敵な内容ですね。
愛聴盤になりそうです。

これからも、どんどん素敵な歌を聴かせてください。

2. Posted by 日野美歌   2011年10月13日 00:46
来て下さりCDまでご購入して頂き本当にありがとうございましたまた温かいコメントに励まされます。ありがとうござます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔