2012年07月13日

三杯屋の奇跡・・・武蔵屋にて

横浜野毛の裏道のそのまた裏側に
懐かしいお祖母ちゃんの家みたいな雰囲気の一軒家。
屋根の上には猫がこの夏の暑さも何処吹く風・・・って感じで
ちょこんと寝そべっている。
暖簾も何も出ちゃいないから知らなければ普通に
通り過ぎてしまいそうな佇まい。

IMG_2456


それでも口開け17時少し前には既に人が幾人か待っている。
そう、ここは酒場の聖地・・・名酒場「武蔵屋」
やっと来れた。。。
七坪ほどの世界には何とも言えぬ昭和の懐かしさと切なさが入り混じる。

IMG_3297


そして今宵この憧れの酒場「武蔵屋」に来れたのは
横浜夢座の主催者でもある女優、五大路子さんのお陰。
五大さんは今年3月にこの武蔵屋をテーマの
「野毛武蔵屋~三杯屋の奇跡」の舞台を務めその舞台を
私も観覧させて頂いたのがきっかけで今度飲みましょうって事になり
ようやくこの日、この武蔵屋で再会の乾杯。

IMG_3696


1946年からこの店を営む90歳の木村喜久代さんは
本当に素敵なおばあちゃん。
足腰が弱って来て今では週に3回程しかお店は開けていない。
だから今夜は貴重な3日間の中の金曜日なのだ。
それに8月は全面的に休業すると言う。
そうだよな・・・この暑さでは大変だ。

IMG_6136


キリンビールの小さな程良き大きさのコップも昔からこれらしい。
だからリアルにレトロなわけで。。。

IMG_3823


そして大学生のアルバイトの青年が土瓶に入ったぬる燗の
櫻正宗を曲芸の如く高々と上げて注いだかと思えば・・・

IMG_8229


表面張力の状況ギリギリまでピタッと注ぐんだよなぁ・・・これが。
思わず「うまい!!」って叫んじゃったよ
そしてぬる燗のこのコップ酒は飲むなら三杯までと言う
昔からの決まりがこの武蔵屋にはある。
だから三杯屋なんだよね。
あんまり飲み過ぎて酒に呑まれないようにとの
喜久代さんの心意気なわけだ。
そして皆お客さんはそれを心得ている人ばかり。
客層が実にいい感じなんだなぁ。。。

IMG_5247


そんなこんなで程良い頃あいで酒の摘みも5品程間を置きつつ出て来る中
五大さんと私はお互いに中華街のアジアンブティック「ROUROU」
お洋服を着ていた事に笑ってしまった
二人とも共通の知人のお洋服なのでこう言う事もあるかもって少し
思ってたけど、やはりそう来たか
カーディガンなんか微妙に色違いのお揃いなんですけど
五大さんは18年目になる「横浜ローザ」のひとり芝居を今年も
8月15日~19日横浜赤レンガ倉庫1号館ホールで開催。
何だか話していると昔からの知り合いみたいで
かなり不思議な感覚だった。
きっとこれもご縁だね。

375602_417260794982255_56633264_n


そんなこんなで野毛の夜は更けて
お店を後にする頃は既に店前には数人もの待ち人が
お待たせしましたね・・・さ、今宵は武蔵屋で癒しの三杯いって下さい

IMG_4391


野毛武蔵屋・・・三杯屋。。。
どうかこれからもお身体も大切に・・・そして
酒場の聖地「武蔵屋」の灯りが優しく燈る日が
これからも沢山ありますように。

IMG_8872

また来ます!!どうかお元気で!
そしてありがとね



mikahino at 23:00│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 富士びたい   2012年07月20日 06:15
そうですか、三杯までですか…。昔から「酒と女はニゴウまで」って言いますものね!野毛には「グッピー」っていう「怪しい店」もありますよ。ブルースの店ですけどね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔